2008年09月03日

池袋の思い出 2



 以前、池袋「三業通り」について書きましたが、先日、それに関して某新聞社から電話がありました。どうやら、三業通りの特集で、写真を探しているとのこと。すみません。うちの店は、三業通りにあったわけではないので、写真はありましぇーん。先方も、残念そうでした。ごめんなさい。


 その三業通りの由来ですが、その名のとおり、そこの通りを進んでいくと花街があったため、その名がついていました。つまり、芸者置屋、待合、料亭があったということです。私が、物心ついたころには、かなり衰退していましたが、それでも、夕方以降、着飾った芸者さんたちが歩いていましたし、三味線の音があちこちから聞こえておりました。


 聞いた話だと、全盛期には、タニマチに連れられた関取や、大きな会社の社長さんやらが遊びに来ていたそうです。また、池袋西口駅前の「ふくろ祭り」には、芸者神輿なども出ていました。古きよき時代の話ですねぇ。


 えっ?なんでそんなこと知ってるのかって?私は、その三業地の中で生まれて育ちましたし、祖母がその置屋をやっておりましたので。


posted by mikiatsu at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちんとんしゃん。<br>「まぁまぁ、先生、一杯いかが?」<br>「うむ、では貰うとするか」<br>とくとくとく・・・・・。<br>「おっととと・・・」<br><br>芸者さんと遊んだコトが無いので、よくわかりましぇん(汗)。
Posted by joyce de frinne at 2007年12月07日 13:13
だったら、無理して書くなぁっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!
Posted by mikiatsu at 2007年12月07日 13:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。