2008年09月03日

なつかしの豆腐屋さん



 今しがた、店の前を懐かしいラッパの音が響いていましたので、見てみると、豆腐売りのお兄ちゃんが歩いていました。引いているカートには「野口屋」の文字が。


 おぉ!あれが有名な「野口屋」さんの豆腐売りか。話には聞いていましたが、まさか池袋の駅前で遭遇するとは。私ががきのころは、あのラッパの音が、町のあちこちで鳴り響いていましたが、こうして改めてみると、この音聞くの何十年ぶりだろう。本当、懐かしくなりました。ただ、昔と違うのは、売っている兄ちゃんの足の速いこと。こちらが外に出たときには、もうすでにかなり向うに行ってしまっていました。


 あれじゃぁ、買えないよ、お兄ちゃん。あっ、もしかして、宣伝だけで、道先では売らないのかな?


posted by mikiatsu at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
べただけど、三丁目の夕日を見てみて。あっ、ミーハーは嫌いか? にしても、そのお豆腐、美味しいの? (^o^)
Posted by joyce de frinne at 2008年01月11日 20:00
豆腐一丁三百円だから、まずかったら犯罪でしょう、って発想じゃだめ?
Posted by mikiatsu at 2008年01月12日 09:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。