2008年09月03日

一枚の写真



 ここのところ数回、年配のお客様から、ネガが無くなってしまった古い写真の複製の注文を受けました。棚を整理していたら古い写真が出てきて、その方の家族が懐かしがって、その写真がほしい、ということでうちに持ち込まれました。


 複製?ダイレクトプリント?もちろんやってるよぉ!


 今回お客様と話していて感じたのは、写真の価値というのは、本当、十年、二十年たってから出てくるのだな、ということです。目で見える、具体的な形になった記憶ですから。と同時に、動画と違い、音も動きもない分、頭の中の記憶が鮮明に戻ってくるのでしょう。そんなことを考えてしまいました。


 一枚の写真が、饒舌に語りかけてくるのでしょう(うわっ、かっこいいっ)


posted by mikiatsu at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりわけ良い印象が残っている写真は特にね。<br>自分は、物語りが想像出来るようなスナップ写真が好きですね。(^0^)/
Posted by joyce de frinne at 2008年02月28日 19:14
frinneさんの、次回作、期待しているよぉーっ!
Posted by mikiatsu at 2008年03月04日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。